授業レポート · 04日 6月 2021
前回の「牛乳パックは本当に1リットル入っているか?」に続き、 今回は消えたテトラパックの謎に挑みました。 なぜ、テトラパックの形が採用されたのか? なぜ、テトラパックは消えていったのか? 塾生一人ひとりが仮説を発表し、他人の意見に耳を傾けながら、考えを深めていきました。 正四面体について、向き合った一時間でした。...

塾長の言葉 · 29日 5月 2021
IB DIPLOMA PROGRAMME THEORY OF KNOWLEDGE (国際バカロレアの知の理論)は、算楽塾の授業を準備する時に、日本の学習指導要領とともに、参考にしています。 教科を横断した、総合的な学びにより、実社会や実生活に新たな価値を見出していきます。...

授業レポート · 29日 5月 2021
1リットル牛乳は1リットル本当に入っているのか? ネット記事で話題になっていたテーマを算楽塾の授業でも取り上げてみました。 1リットル牛乳は実は1リットルない?   小学校の算数授業がきっかけで物議 統計学の授業で聞いた、パン屋の不正を見破ったポアンカレのようになれるのか? 生活に密着した話題は盛り上がりますね。

黄金三角形のパズル(中学生)
授業レポート · 08日 5月 2021
黄金三角形のパズルの授業報告。 正五角形の性質を学びます。

生活の中にある黄金比(小学・中学)
授業レポート · 30日 4月 2021
生活の中にある黄金比。 算楽塾のオンライン授業の様子です。

羊毛フェルトボール体験とー小学生低学年STEAMクラス
授業レポート · 30日 4月 2021
本日、算楽塾の小学生低学年STEAMクラスにて、 仲田 亜由美先生を迎え、羊毛フェルトボール作りのワークショップを開催いたしました。 授業前に、フェルトで作られたお魚やケーキといった仲田先生の作品を見せて頂き、驚きました。 パンダや犬など、毛にくるまれた動物なら理解できるのですが、お魚の焼き加減や大根おろしまでリアルに表現されていました!...

羊毛フェルトボールと算数ー小学生低学年STEAMクラス
塾長の言葉 · 24日 4月 2021
算楽塾の小学生低学年STEAMクラスでは、算数を楽しみながら、好奇心を育んんでいくことを目指しています。 好奇心を伸ばしていくために、モノとの対話は大切だと、私たちは考えています。 今回のワークショップでは、数や量、密度などを、五感を使って学んでいきます。...

塾長の言葉 · 25日 3月 2021
「算楽塾」という算数·数学に特化した教室を、2018年10月に開講しています。昨年2020年4月からオンライン授業に移行しました。 算楽塾はこれまでの山下洋輔の研究成果や経験を注ぎ込んだ学びの場です。...

授業レポート · 06日 2月 2021
年末に伊能忠敬の測量を実習しましたが、今回は検知について。 伊能忠敬が生きた江戸時代後半は、黒船が出現し、国防の観点から海岸線を詳細に記した地図でした。 検知は、為政者が税を徴収するために田畑の面積とその評価をするものです。太閤検地が有名ですね。 中学生クラスでは、江戸時代の算術書『算俎』より、土地に道をつくる計算に取り組みました。...

塾長の言葉 · 02日 2月 2021
Setsubun A ceremony held on Feburuary 3, the day before spring, in which people scatter roasted soy beans in order to drive away goblins and draw in happiness. 今年の節分は、2月2日。 「なぜ、今年は3日ではないの?」と思った人も多く、暦を学ぶには絶好のチャンスです。 渋川春海や江戸の天文学、暦について、企画してきました。...

さらに表示する